勃起不全に悩む男性は日本国内でも非常に多くいます。その勃起不全を治すには治療薬を使うのが最もベターな方法ですが、種類が多い薬の中からどのような薬を選べばよいのでしょうか。当サイトでは勃起不全の薬についてまとめてました。

勃起不全の治療薬を飲んでいる男性

勃起不全はどうして起こる?その原因は?

男性の中には勃起不全で悩んでいる方も少なくありませんが、どうして勃起不全は起きてしまうのでしょうか。その原因についてはいくつかありますが、大きく分けると3つほどあります。

上司に怒られている人まず1つ目はストレスフルな時です。日本人はストレスフルな人が非常に多く、うつ病などになってしまう人もかなり多いといわれています。そんなストレス社会であるため、EDになってしまう原因にもなってしまうことがとても多いのです。
勃起不全という意味でのストレスといえばパートナーに男としての自信をなくすような言葉を言われてしまった時にショックが大きくてEDになってしまうということがあります。
他にも経済的な悩み、人間関係の問題、疲労がたまっているなどで心の余裕がなくなっていると勃起力にも影響し、EDになってしまうのです。

そして2つ目は血管や神経などに勃起を阻害するような原因がある場合です。その原因として加齢や生活習慣病、神経系の障害などがあります。例えば動脈硬化による血管障害によってEDになってしまうこともあります。
特にEDの原因として多いのは糖尿病や心臓病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病があります。EDになってしまう場合、陰茎を通る血管に動脈硬化が起きてしまえば血流が悪くなり、EDになってしまいます。

3つ目はEDの原因となりやすい薬の服用をしている場合です。中枢神経や末梢神経に作用するもの、循環器系に作用するもの、消化管に作用するものなどは勃起力に影響を与えやすいといわれています。
例えば循環器系に作用するものですと利尿剤、降圧剤、血管拡張剤などがありますし、中枢神経系に作用するものですと解熱・消炎鎮痛剤や抗うつ剤、抗けいれん剤、抗精神病薬などがあります。
性的刺激が脳から陰茎に伝えられることで陰茎の海綿体の動脈が大きく拡がって血液を流し込むことで正常に勃起します。
ところが陰茎の血管が動脈硬化を起こしていると陰茎海綿体の動脈が十分に拡がることができないため、勃起をすることができなくなってしまうのです。
例えば、勃起することができたとしても十分な勃起力がなく、射精するまでには至らないといったことがあります。生活習慣病患者がEDになりやすいのはこういったことが原因となっているためです。

またスポーツタイプの自転車によく乗るという方もEDになりやすいといわれています。
理由としてはスポーツとして自転車に乗る場合、長時間サドルに座っているため、会陰部分が圧迫され続けることでそこにある勃起と深い関わりがある神経や血管などが影響を受けてしまい、EDになってしまうことがあるのです。
ただしスポーツタイプの自転車に関しては乗っている人が必ずしもEDになってしまうというわけではないため、個人差はあるということは理解しておかなくてはいけないことです。
しかし自転車を趣味としている場合、事前に対策をとることでそれを防止することは可能ではないかともいわれており、自転車に乗る時間や距離などを調整して長距離を走る場合には途中で休憩をはさむなど工夫をするのが良いでしょう。

3大ED治療薬!バイアグラ!レビトラ!シアリス!

バイアグラの画像EDになってしまった時に使われる治療薬として有名なものが3つあります。それはバイアグラ、レビトラ、シアリスです。この3つの治療薬についてご紹介しましょう。

まずバイアグラは知らない人は少ないのではないでしょうか。バイアグラはアメリカのファイザー社によって1998年に発売された世界初のED治療薬で、日本国内では翌年の1999年には認可がおり、販売されるようになりました。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、もともとは狭心症のための治療薬として作られたものでした。これはシルデナフィルには血管の拡張を阻害するPDE5の活性化を抑制する作用があるためです。
バイアグラが生まれたのはこのシルデナフィルの臨床試験を繰り返すうちに患者の勃起不全を改善するという効果がわかったためでした。
多くのED患者は陰茎の血管が動脈硬化になっていることで血管が狭くなり、血流が悪くなってしまうのが原因だったため、シルデナフィルがそれを改善する良いサポートをしたのです。
バイアグラは服用から効果がでるまでは個人差があるものの、およそ30分ほどの時間が必要だといわれています。またバイアグラの効果の持続時間に関しては3時間から5時間ほどです。
しかし気をつけなければいけないのはバイアグラは食事の影響を受けやすいことから食後すぐに服用しないことも大事です。

そしてバイアグラの他にはレビトラもあります。レビトラはバイアグラの次に作られたED治療薬で、ドイツのバイエル薬品という製薬会社が生みの親です。日本では2004年から販売されるようになりました。
レビトラの有効成分はバルデナフィルというもので、こちらは外側がオレンジ色で中は白色の薬となっています。ちなみにレビトラは保険適用外であるため、レビトラを購入する場合は全て自費となります。
ですから、レビトラの購入のために健康保険は必要ありません。バイアグラやシアリスとは違い、水に溶けやすいという特徴があります。
レビトラの効果についてはバイアグラと同じく、勃起を持続させるのに必要なcGMPを壊してしまうPDE5を阻害するということです。レビトラは性行為をする1時間ほど前に服用します。
用量は医師の指示に従いましょう。レビトラを飲むのは1日1回のみで、24時間以上あけて服用しなければいけません。

シアリスは日本イーライリリー株式会社から発売されたED治療薬で、2007年から販売されています。シアリスのメリットは他の2つの治療薬とは違って、服用後は36時間効果が持続するという点です。
体内に吸収されてしまえば食事の影響もほとんど受けないので、非常に飲みやすい薬だといえます。効果の持続性の長さから海外ではシアリスはウィークエンドピルと呼ばれています。
しかも2013年にはシアリスの世界シェアが42%となり、世界で第一位のシェアを誇るED治療薬となったことが発表されました。
シアリスの有効成分はタダラフィルといいます。またシアリスを服用するタイミングは性行為の3時間ほど前が良いといわれています。
シアリスが有効成分の含有量によって5mg、10mg、20mgがあります。20mgを服用後30時間から36時間、シアリスの有効成分が持続することがわかっています。

効果効能は治療薬で違う!目的別で使い分けよう!

ED治療薬を飲もうとする男性ED治療薬はどういうことが原因なのかをはっきりさせた上で、それぞれの効果や成分などの違いを理解し、自分の症状にあったものを使い分けるようにするのが良いです。
例えばバイアグラとレビトラは短時間で効果をしっかりと感じたいという方向けです。
どちらも性行為の1時間前に飲むことで十分な効果を得ることができますが、空腹時に飲むとより成分が体内に吸収されるまでの時間が短縮され、どちらも大体30分前後で効果を感じることができます。
シアリスは成分が吸収されるまでの時間がゆっくりなので性行為の3時間前には飲む必要がありますが、その分副作用が起きてしまう可能性も低めです。
またパートナーと週末ずっと一緒に過ごす場合などは薬を何度も飲むタイミングを見つけるのも大変ですが、シアリスであれば1度飲めば成分は長くて最大36時間ほど持続しますので何度も服用するのは難しいという方はシアリスを服用するのが便利です。

治療薬ということで気になるのが副作用のことですが、バイアグラもレビトラもシアリスもそれぞれがやはり副作用が出てしまうことがあります。しかしその中でも比較的副作用が出にくいのがシアリスです。
バイアグラとレビトラは服用者の9割に顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどの症状が出ることがわかっています。
シアリスは副作用があらわれるのは服用者のおよそ3割程度、症状として頭痛、ほてり、消化不良、鼻づまり、筋痛、四肢痛などがあげられています。
シアリスは作用するまでの時間がゆっくりしていますが、他の2つと比較すると副作用が出る可能性は低いため、副作用をなるべく感じたくないという場合にはシアリスが良いでしょう。
また服用する量に関しては1錠飲んでいたものを半錠にするなどすることで副作用をあまり感じなくなるといった人もいますので、医師に相談してみるのがおすすめです。

この3つのED治療薬に共通していることはEDになった原因は関係なく、薬を服用すればすぐに勃起するといったものでもなく、あくまでも性的な刺激があってこそ威力を発揮するものだということです。
媚薬ではないので飲むだけで興奮して勃起するという効果はありません。成分はそれぞれ違いますが、3つの共通するのが血管拡張作用です。そのため、副作用としてそれぞれが顔のほてりを感じる人が非常に多いということがわかっています。
この3つのどれを選ぶのかということでは薬のサイズで選ぶという方法もあります。薬は飲むものですから、自分が飲みやすいものを選ぶというのも選択方法の1つだといえます。
例えば大きさだけで言えば、一番大きいのはシアリス、次に大きいのがバイアグラ、そして一番小さいのがレビトラです。大きな薬は飲みにくいという方は毎回大きなサイズの薬を飲むのは苦労するでしょう。そういう方はレビトラを選んでみるのもいいです。
薬の色はそれぞれ違いますが、シアリスとレビトラは色が比較的似ていますので、形で判断するようにしましょう。バイアグラは青いひし形をしています。シアリスは黄色の涙形、レビトラはオレンジ色で丸い形をしています。

ED治療薬をお求めの方は個人輸入がオススメ!

ED治療薬はまず自分の症状にあったもの、原因などをはっきりさせるためにまずは医師から処方を受けるほうが良いですが、自分に合うかどうかがわかったら、2度目からは通販で購入するようにするのも良いです。
なぜなら医師から処方された薬より通販で個人輸入をして購入したほうが安くお得に購入することができるからです。
ただし通販で個人輸入するには販売する国の言語を理解できる程度の言語力が必要となります。薬の説明や購入する際にはその国の言葉で手続きしなければいけないからです。
例えばバイアグラなら英語、レビトラならドイツ語などを理解できなければ購入するのにはとまどってしまうでしょう。
ですから通販で購入するといっても、言語能力にあまり自信がないという場合は通販で個人輸入をしているショップで専門業者に依頼するのが一番です。

通販サイトなどを見ているとED治療薬を販売しているショップを見かけますが、そういう通販サイトでは個人輸入代理業をしており、通販でED治療薬などを購入したいという希望者の代わりに海外から薬を購入し、届くように手配してくれるのです。
そのため、通販で個人輸入代理業者に依頼して購入した場合は注文したものが届く時、箱に書かれているのは外国語になっています。突然海外から荷物が届いたと思って驚くこともあるでしょう。
通販サイトではあくまでも個人輸入代行をするのであって、購入者は本人になりますからそこは自己責任で行なわなければいけません。
また個人輸入ということできちんとした業者に依頼しなければ偽物を購入することになったりすることもあり、EDの改善どころか体調を壊してしまうことになりかねません。
ですから信頼できる個人輸入代行業者を見つけることが大事です。通販の場合、いろんな口コミを参考にして信頼できる業者を見つけるのもいいです。

個人輸入の場合、海外から薬が届きますので国によって届くまで1週間ほどかかることもありますし、もっと時間が必要な場合もあります。
安いけれど時間がかかるか、少し金額は高めだけれどすぐに手に入るほうを選ぶかは個人の判断によりますが、ED治療薬は飲むのをやめれば効果はないわけですから、薬なしで十分に勃起することができるほど改善する状態になるまでは飲み続けることになります。ですからやはり少しでも安く入手できるほうが経済的です。
個人輸入代行業者に依頼する場合の薬の価格はそのサイトによって多少の違いがありますから、いくつかのサイトをチェックして最も自分が良いと感じた業者に依頼するのがおすすめです。
信頼できる業者と出会えれば次からはそこで安心して購入することができます。ただし個人輸入できる薬の数については制限がある場合もありますので、事前にチェックしておくことが大事です。
まとめてED治療薬を購入したい場合には海外から直接取り寄せるのは非常に便利なので、まとめて購入できるギリギリの数を購入するといった利用者も多いです。
まずはいくつかのサイトを比較してどこが良さそうかを見てみましょう。