勃起不全に悩む男性は日本国内でも非常に多くいます。その勃起不全を治すには治療薬を使うのが最もベターな方法ですが、種類が多い薬の中からどのような薬を選べばよいのでしょうか。当サイトでは勃起不全の薬についてまとめてました。

勃起不全の治療薬を飲んでいる男性

勃起はするのに性欲がない!?どうする!?

勃起はするのに性欲がないというとき、さまざまな原因が考えられます。1つは、過去のトラウマが原因となっているという精神的な問題です。

例えば、過去に付き合っていた女性から、「気持ちよくない」「下手くそ」「あなたとじゃ満足できない」などとひどい言葉をかけられてしまい、その後もセックスのたびに過去のトラウマを思い出して、性欲がなくなってしまうというものです。
精神的な落ち込みは、ある程度までならば、セックスをすることに問題はありませんが、その落ち込みが大きい場合には性交不能になってしまうこともあります。
過去のトラウマや精神的なものが原因である場合には、少しずつ成功体験を積んでいき、自信を取り戻していくことで解決する可能性が高いです。パートナーとも協力をしてもらって、成功体験を少しずつ積んでいきましょう。
性交不能な状態にある人はセックスはできませんが、その前のスキンシップなどで満足感を得ることはできます。

同じ精神的な原因として、女性に対して興奮できないという性障害のケースもあります。性障害が原因のケースでは、女性に対して魅力を感じないので勃起はするが性欲が全くわいてこないので、性交不能となってしまいます。
そのようなケースでも、パートナーの理解を得て、セックス以外の部分でお互いに満足感を得るようにすることで、幸せな人生を送ることができます。
性障害とは言っても、完全にセックスができないというレベルではないのであれば、少しの我慢をすることで、パートナーを満足させてあげられることもあります。
疲れていたり、性的な刺激があったりするわけでないのに、勃起はするという「疲れマラ」という現象が起きることがあります。これは、疲れが溜まることによってカテコールアミンというホルモンが大量に分泌されることが原因です。
この「疲れマラ」の状態を逆に利用をして、性欲を高めるという方法もあります。すなわち、運動などをして身体を疲れさせ、「疲れマラ」の状態にしてからセックスをするというものです。

他には、男性ホルモンが不足している、加齢によるもの、食事の摂り方が良くない、運動不足といった原因が考えられます。
加齢による性欲減退はだれにでもありますが、適度な運動をしたり、栄養のある食事を摂ったりすることで、加齢のスピードをできるだけおくらせることはできます。60歳でもまだまだ元気な人はいますので、諦めないことが大切です。

男性ホルモンの分泌を促しましょう!

男性ホルモンの分泌を促すことで、年をとってもいつまでも男としての魅力を持ち続けることができます。
男性ホルモンの分泌を促す方法として、しっかりと睡眠をとること、精力アップにつながる栄養をたっぷりと摂取すること、運動などで筋肉を鍛えること、ストレスを溜めないようにすることなどがあげられます。

精力アップにつながる食事としては、たんぱく質、亜鉛、アルギニン、シトルリンなどの栄養素が代表的です。
特に亜鉛やシトルリンは普段の食事から十分に摂ることは難しいので、サプリメントなどで補うようにすると良いでしょう。シトルリンはスイカや冬瓜などのウリ類に含まれている栄養素ですが、ウリ類を頻繁に食べるという人は少ないです。
サプリメントや精力剤を有効活用しましょう。
男性ホルモンの分泌のために意外と万能なのが、睡眠をしっかりととるという方法です。睡眠をとると疲労が回復されるだけでなく、ストレスも解消されます。寝る前にぬるめのお風呂に入ると熟睡しやすくなると言われています。

すでに気の知れた友達と会うことはストレスの解消となりますが、新しい人との出会いも、男性ホルモン・テストステロンを高める効果があります。新しい人と積極的に出会って、ワクワクやドキドキを得るようにしておきましょう。