勃起不全に悩む男性は日本国内でも非常に多くいます。その勃起不全を治すには治療薬を使うのが最もベターな方法ですが、種類が多い薬の中からどのような薬を選べばよいのでしょうか。当サイトでは勃起不全の薬についてまとめてました。

勃起不全の治療薬を飲んでいる男性

勃起不全治療薬とお酒は一緒に飲んでも大丈夫?

年齢が高くなるにつれ、性行為中のスムーズな勃起が難しくなったので、バイアグラなどの勃起不全治療薬に頼っている男性は多くいます。
血管疾患などの問題があり、性行為自体を医者に止められている人には使えませんが、そうでないなら男性の勃起不全解消に役立つので、自力で改善出来ない方は利用するようにしてください。

女性と良いムードになるために、レストランや居酒屋、バーなどに行って、食事やお酒を楽しんでから、ホテルや自分の部屋に誘うという男性は少なくありません。
いきなりホテルに誘うと、女性に逃げられる可能性がありますが、食事や飲酒をしていると、相手がその気になることが多いためです。それにアルコールには精神安定効果があるので、普段は勇気の出ない男性でも、女性を誘いやすくなります。
せっかくホテルに誘うことに成功したとしても、バイアグラは食事の影響を受けやすいので、いざというときに勃起できないことがあります。
それではせっかくムードを盛り上げた意味がなくなってしまいますが、勃起不全治療薬のシアリスなら、食事とアルコールの影響を受けないので、努力が無駄になることはないでしょう。

シアリスはアルコールの影響を受けないので、食事やお酒を楽しんだ後に女性を誘うことが多い男性にはおすすめのED治療薬ですが、それは適切な飲酒量を守った場合の話になります。極端にお酒が入った人には効果がないので気を付けてください。
飲みすぎによる急性アルコール中毒を起こすと、血中アルコールが一気に上昇し、最悪の場合は死に至ることがあります。
もとから動脈硬化などの血管疾患を抱えていた人の場合は特に危険なので、いくらムードを盛り上げるためだとはいえ、飲みすぎないことが大切です。
また、それほど飲んだつもりはなくても、シアリスを服用すると、酔いがまわりやすくなるので気を付けましょう。シアリスには血管拡張作用があるため、服用すると血流が良くなって、アルコールが一気に身体にまわってしまう恐れがあります。
それにより急性アルコール中毒や血管疾患を誘発し、そのまま倒れて救急車で運ばれる人もいますから、安全のことを考えるなら、少量しか飲まない方が良いでしょう。
飲酒した状態でシアリスを服用すると、血圧が低下することがあるので、性行為時に心臓に負担がかかりやすくなります。
シアリスはアルコールの影響を受けませんが、健康状態によっては体調が悪くなることもあるのでお酒を飲むときは1、2杯程度に抑えるようにしてください。

シアリスはアルコールの影響を受けないって本当?

シアリスは第3の勃起不全治療薬と呼ばれ、バイアグラの食事の影響を受けやすいという点を改良して作られているので、食事をしても効果が衰えることはありません。
男性が女性を誘うときは、レストランや居酒屋で食事をして、ワインなどのお酒も楽しんでからという場合が多いですが、シアリスは食事やアルコールの影響を受けないので、安心して利用するようにしてください。

シアリスはアルコールの影響を受けないので、ワインや日本酒、ウイスキーなどを飲んでいたとしても、飲んでいないときと同じようにスムーズに勃起が出来るようになります。
アルコールには精神安定効果があるので、これがなければ女性を誘えないという男性も存在しています。そんな人にとって、シアリスほど使いやすい薬はないでしょう。
アルコールを摂取すると、男女間のムードが高まり、精神安定効果を得られる分、シアリスの効果をさらに引き出せるともいわれています。飲みすぎにさえ注意すれば、パートナーとレストランや居酒屋で飲酒した後で性行為を楽しむことが出来ます。

シアリスはアルコールの影響を受けませんが、飲みすぎると急性アルコール中毒になることがありますし、神経伝達が悪くなり、性的刺激を受けにくくなるので注意することが大切です。
シアリスを飲んだにもかかわらず、勃起力に満足できなくなるので、飲酒はほどほどにするようにしてください。