勃起不全に悩む男性は日本国内でも非常に多くいます。その勃起不全を治すには治療薬を使うのが最もベターな方法ですが、種類が多い薬の中からどのような薬を選べばよいのでしょうか。当サイトでは勃起不全の薬についてまとめてました。

勃起不全の治療薬を飲んでいる男性

危険!今すぐ中止!床オナはEDや射精障害になる!

床オナとは、床に対してうつ伏せの体勢になり、腰を動かすことで床に性器を押し付けたり、擦り付けたりして、快楽を得て射精に達する方法のひとつです。
その方法は意外なことに一般的な手で陰茎を刺激するマスターベーションのように、先輩から後輩へと受け継がれるケースは少なく、ある機関による調べでは誰から教わった訳でもなく、幼い頃から気が付くと行為に至っていたケースが多いことからも、床オナとは「本人の意識を超えて、本能が訴えかけることで行為に至る、人類の性への飽くなき探究心の象徴」と言えます。

床オナは、正常位で異性と実際にセックスを行っていることを想像したり、好きなアイドルの顔写真などと向かい合うような体勢で行えば、実際の行為をしているように、よりリアルに感じられるため、中毒性があり、一度覚えたら止められない人もも少なくありません。
そんな床オナは、一時期、絶滅したかに見えていましたが、ここに来て、復活の兆しを見せています。
ある者は、上述のように本能に駆られ、ある者は、いまや誰もが手軽に利用できるインターネットで検索して行為の存在を知り、衝撃を受けながらも、試さずにはいられなくなります。
特に昨今は、薄型のタブレット端末の普及により、デバイスを床置きにしながら動画を容易に再生できる環境が整っているのに加えて、スポーツ用のワイヤレスイヤホンを利用すれば、耳から外れることや、音漏れを気にする必要なくエンジョイできます。
紙媒体の静止画と比較して、肉体的な快楽と併せて、シミュレーション要素により没入感を得ながらプレイが可能となったため、潜在的な床オナ人口は、増加の一途を辿っていると見られています。

しかし、床オナには、そんな快楽と引き換えに、大きな落とし穴があります。
床オナによる刺激は、生身の女性の性器の締め付ける力よりも、場合によっては人間の手の力よりも、遥かに強い力で圧迫されるため、非常に危険です。
他の方法では、それ以上の快楽が得られないために、床オナでしかイケないようになれば、EDや射精障害の原因となり、最悪のケースでは、生身の女性とのセックスでイケない身体になってしまうことにもなり兼ねません。
そればかりか、陰茎を過度に圧迫して筋肉、靭帯や尿道を損傷することがあれば非常に危険で、取り返しの付かない怪我に至るケースも考えられます。
もしも、激しい痛みを感じることがあれば、マスターベーションのスタイルを改善し、早めに泌尿器科医に相談されることをおすすめします。

マスターベーションは床オナ以外の方法で行いましょう

人間とは愚かな者で、床オナによってEDや射精障害になることが分かっていても、泌尿器科医にお世話になるような危険があると分かっていても、快楽に溺れ、なかなか止めることはできません。
しかし、いつか生身の女性とセックスをするに至った際に、イケないような最悪の事態を避け、最高の快楽を得たいと思うなら、まだ引き返すことができます。
そうは言っても、急には難しいため、根気良くリハビリを続け、マスターベーションのスタイルを改善する必要があります。
まずは、ソフトタッチによる刺激でリハビリをしつづけ、快楽のハードルを下げていきます。
床オナのような、過剰な圧迫感がなくても、通常の方法で射精に至れば十分で、EDの心配もありません。

人間は、環境に合わせて調整する機能があるため、床オナを全面禁止にして、通常オナを続けていけば徐々に改善されていきます。
どうしても無理な場合は、床オナの体勢に近い、四つん這いの体勢で通常オナをして徐々に慣らして、他の体勢でも通常オナをできるように、身体に教え込んで行きます。
とにかく、あの下半身を過剰に圧迫させる行為を避けることを徹底します。
はじめは快楽に物足りなさを感じることもありますが、EDや射精障害に至り、泌尿器科医に相談するケースを避け、生身の女性と最高のセックスをして射精に達することを想像すれば、まさに想像が得意なあなただからこそ、耐えられるリハビリです。