勃起不全に悩む男性は日本国内でも非常に多くいます。その勃起不全を治すには治療薬を使うのが最もベターな方法ですが、種類が多い薬の中からどのような薬を選べばよいのでしょうか。当サイトでは勃起不全の薬についてまとめてました。

勃起不全の治療薬を飲んでいる男性

心因性EDはオナニーでは勃つが性行為時は勃起しない

EDには様々な原因がありますが、その一つに心因性EDと呼ばれるものがあります。この場合は精神的要因が大きく関わることでEDを引き起こしてしまいます。
精神的要因に関しても原因は様々ですが、中にはオナニーの時は問題なく勃起しますが、セックスの時に起こってしまうというケースもあります。オナニーとセックスとの大きな違いとしては一人で行うか他者と行うかの違いがあげられます。
一人で行う時は精神的にリラックスして行うことが可能です。それに対しセックスの時は相手と行うため緊張もしやすいことや、失敗した時にトラウマとなってしまうこともあります。
一度トラウマになってしまうとそれがきっかけでさらに精神的に不安定になってしまったり、ストレスを感じてしまいかねません。

ストレスがたまっている男性勃起には精神的な面も大きく関わっていることからもそれがきっかけとなり心因性EDを引き起こしてしまうこともあります。一度引き起こしてしまうと次からもEDの状態が続いてしまい、ストレスも重なっていきます。
そのためオナニーでは問題ない状態でもセックスでは勃起しないという事態にも繋がりかねません。
特に多い失敗としてはセックスの際に十分に勃起できないことや中折れをしてしまうというケースです。精神的要因以外にも体調や加齢など様々なことが原因で勃起の程度は左右されます。
またそれは本人が気づいていないような些細な変化でも起こってしまう為、気づかずに失敗に至ってしまうというケースもあります。
また他にも技術的な問題により相手が十分な満足に至らずにセックスが終わってしまうということもあります。相性の問題もありますが、多くは男性側の技術が問題視されてしまうケースが多いです。
そのため様々なことがきっかけとなり精神的に負担が蓄積してしまいます。

心因性EDを克服する上でも専門のカウンセリングを受けるという選択肢もあります。ストレスやトラウマは個人の力で解決していくことは難しいです。中には途中で自信を取り戻し、解決するというケースもあります。
しかし多くは失敗を重ねていく中で進行してしまう為、専門機関の利用もお勧めといえます。
またEDは進行すればするほどに症状も重症化していき、改善も難しくなっていきます。性交渉は男性側に求められるものも大きく、プライドも関わってきます。
また自信がある人ほど失敗してしまったときに傷つく割合も大きく、心因性EDになる可能性も高い傾向にあります。そのため早期からの取り組みが重要となります。

心因性EDを克服する方法は様々

心因性EDを克服する上で方法は様々にありますが、一番はカウンセリングを受けることが効果的といえます。カウンセリングではストレスやトラウマになった原因を分析し、解消する方向に介入してくれます。
またそのなかで次に行う時に向けて行動療法や暗示療法なども行ってくれます。

行動療法では実際にどのように行うかやその工程の分析などを行い、次の失敗を繰り返さない様にシュミレーションや対策を行ってくれます。それにより問題点を抽出して根本的な解決を行っていきます。
そのため次に行う際に不安要素を取り除くことができます。

暗示療法については特に精神的側面に働き掛けてくれます。セックスを行うにあたり、精神的に落ち着かせるうえで暗示を繰り返していき、リラックスした状態を作り上げます。例としてはルーティーンがあげられます。
特定の動きや条件を作ることで自然と良好な精神状態になるようにパターン化していきます。それによりもしセックスをする中で何かあっても取り乱したり不安にならず、落ち着いて対応することが可能となります。

カウンセリングを受けることで専門的な知識と視点から心因性EDを解決することができます。またその際には行動療法や暗示療法などその人に合わせて選択して改善を図ってくれます。そのため悩まずにカウンセリングを受けることがおすすめといえます。