勃起不全に悩む男性は日本国内でも非常に多くいます。その勃起不全を治すには治療薬を使うのが最もベターな方法ですが、種類が多い薬の中からどのような薬を選べばよいのでしょうか。当サイトでは勃起不全の薬についてまとめてました。

勃起不全の治療薬を飲んでいる男性

朝勃ちは恥ずかしい?その勃起は生理現象です!

朝立ちすることを恥ずかしいと思う方もいますが、朝に勃起することは生理現象であり性的興奮とは関係なく無意識に起こります。
ではなぜ朝立ちは起こるのか、それは睡眠のメカニズムによるものであり、睡眠中に性的な夢を見たからといって起こるものではありません。
朝立ちは性的興奮とは無関係であり、睡眠中に勃起することは睡眠のサイクルが昼に寝て夜に起きる人の場合であっても、この現象は起こります。

睡眠中は我々はレム睡眠という浅い眠りと、ノンレム睡眠という深い睡眠を交互に繰り返しています。夢を見やすいのがレム睡眠の時であり、この時に特定の神経が刺激されて勃起します。
朝目覚めた時がレム睡眠の状態の場合、朝立ちと呼ばれる現象が起こっていることになります。
朝立ちについては個人差があり、毎朝起こる人もいれば数日おきに起こるという人もあり、年齢を問わずにさまざまです。朝立ちはペニスの健康維持のためには必要なものとされ、健康のバロメーターにもなります。
睡眠中に勃起することが生理現象であり、健康のバロメーターとされるなら、勃起しない場合はEDであるかを知る手がかりともなり、病気であるのかというと必ずしもそうとは限りません。
朝起きてこのような現象がなくても、寝ている間でレム睡眠のときには勃起している可能性はあります。

加齢に伴う睡眠の質の低下により朝立ちが減少してきても、EDとの直接関係はありません。睡眠障害や不眠症などの症状がある場合でも、睡眠中の勃起は減少しますが、EDとの直接的関係はありません。
しかし睡眠の質の低下や睡眠障害が起こっていないにもかかわらず、朝立ちが減少している場合は器質性勃起不全であると考えられます。
これは糖尿病などによる末梢神経障害や、動脈硬化などの病気、男性ホルモンの分泌量の低下によるペニスの異常が考えられます。
朝立ちの減少は男性ホルモンの減少のサインとしてとらえられます。男性ホルモンは性欲を高めるはたらきがあり、低下すると性機能が衰えてきます。
加齢により男性ホルモンは減少していくのですが、生活習慣を見直すことで精力減退を防ぐことは出来ます。

朝立ちはきちんとあっても、性行為のときは勃起しなかったり、途中で萎えてしまう場合は心因性勃起障害の可能性があります。これはストレスやパートナーに対しての気持ちのずれや、性行為に対する不安などが要因とされています。
これらの病気については治療することで改善されます。朝立ちが起こらなくなり勃起しない状態が続くことは健康にとって良くありません。この状態が続くことでペニスは血流が悪くなり、海綿体も柔軟性を失います。
朝立ちが起こることはこうしたペニスの劣化を防ぐための自己防御システムでもあります。勃起することでペニスの海綿体には新鮮な血液が送られます。朝の習慣として確認することが出来ればペニスの健康維持のバロメーターとして考えられます。

寝ているときに勃起する現象は夜勃ちといいます

朝立ちは朝起きた時にだけ起こるものではなく、睡眠中に何度も起こる生理現象であり、睡眠中に見る夢などからの性的興奮ではなく、無意識に睡眠中に特定の神経の刺激により起こります。
朝立ちは正式には夜間陰茎勃起現象と呼ばれ、夜間に勃起する減少は夜勃ちと言われます。
つまり夜の睡眠中の時間に、無意識に勃起が何度か繰り返し起こりこのメカニズムは繰り返されています。
このメカニズムによってペニスには新鮮な血液が送られ、ペニスがメンテナンスされており、またストレス解消の作業であるとも言われています。
この生理現象は夜の睡眠時に度々繰り返されています。おもにはレム睡眠時に起こる現象であり、筋肉だけが休んでいる状態の時に生理現象が起きやすくなります。

60歳代以上の男性はノンレム睡眠時に起こるとも言われています。レム睡眠時に起こる現象が朝まで維持され、朝に目覚めた時に気付くことで朝立ちと言われています。
睡眠中に起こるこの周期は一晩に約90分ごとのサイクルで約4回ほどその周期が訪れます。夜勃ちは最大で2時間ほど維持されこともあります。人が目覚める時はレム睡眠時であることが多く、その時までに維持されている現象が続いています。